北海道で50年以上愛され続けるスイーツ! 「三方六」がユニークで絶品

北海道銘菓「三方六」を実食してみました!

三方六

数ある北海道の定番スイーツ。そのなかでも、とてもユニークな形をしているバークムーヘンが「三方六(さんぽうろく)」。商品名からはバームクーヘンとすらイメージしづらい逸品を実食してみました!


画像をもっと見る

■十勝のお菓子メーカー

昭和22年に北海道十勝、帯広で誕生した「柳月(りゅうげつ)」。北海道のお土産屋では数多く目にする「十勝銘菓あんバタサン」や「きこりのおやつランバジャ」「トカチック・バスキュ~」などを誕生させた老舗菓子メーカーです。

三方六

今回ご紹介するのは、そんな柳月から昭和40年に誕生したバームクーヘン「三方六」。なんと50年以上も愛され続けるロングセラー商品!


関連記事:ファミマから抹茶スイーツ登場! 京都の老舗が監修で超本格派

■白樺の薪に見立てたバームクーヘン

同商品の特徴はなんといっても、白樺の薪に見立てた姿。開封してみると、なかにはバークーヘンとしては珍しい形の商品が入っていました。

三方六

主原料は厳選された北海道産。とくに小麦は通常外国産を使用していることが多いなか、100%十勝産を使用するというこだわりのスイーツです。

続きを読む ■変わった商品名の由来は?
  • 1
  • 2

この記事の画像(7枚)

おすすめ記事

関連キーワード