有村架純、関西出身故の苦悩を告白 「笑いのハードルあげるのは…」

「関西人=面白い」イメージに有村架純が苦悩!クラスで馴染めなかった過去についても告白するが…。

有村架純

4日放送の『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくりゼミナンデス!日テレ春のコラボSP』(日本テレビ系)
に女優の有村架純さんが登場。

兵庫県出身の彼女が、イチ関西人として不便に感じていることを明かしました。


■笑いのハードルに苦悩

この日、同局のご長寿番組『秘密のケンミンSHOW』パートに出演した有村さんは、ついつい「笑いに強い」と思われがちな関西出身者のイメージについて「関西人だからって笑いのハードルあげるのはやめて!」と不満を爆発させました。

番組が過去に取材を行ったVTRで「神戸でしゃべったら面白いといわれるのに、大阪の人には黙れって言われる」「関東の人よりは関西の人のほうがノリがいいかもしれないけど、そんなに皆笑いに貪欲だとは思ってほしくない…」「大阪が特殊」など同じような悩みを持つ声があがり、スタジオで大きく頷く一幕を見せています。


関連記事:長澤まさみ、有村架純に見せた笑顔が眩しい! 「素晴らしい世界」

■楽しくする術がなかった

続いて「関西人=面白い」というイメージに苦悩していたと語った有村さんは、「クラスメイトのノリツッコミに入れなかった」と意外な過去を告白。

自身もその輪に入りたい思いがあったものの、楽しくする術がないと気まずい思いをしていたと振り返りました。

そんな彼女の告白に対し、MCを務める東野幸治さんは「恐ろしい学校!!」とツッコミ。とはいえ大阪にはお笑いコンビの「中川家」や「ますだおかだ」の増田さんが卒業した中学校があり、休み時間に漫才をする土壌から後にM-1チャンピオンを輩出している一面もあると説明しました。

そんな事実から、どうしても「笑いに貪欲」なイメージが生まれてしまうのでしょうね。

続きを読む ■ステレオタイプに苦しむ人は多い?
  • 1
  • 2

おすすめ記事