狩野英孝、「天の声」でサンドウィッチマンからツッコミ 「普通にやれば」

狩野英孝さんが、サンドウィッチマンの新番組『サンド道楽』に天の声として登場しました。

狩野英孝

朝の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)など、多くの番組で、芸人やアナウンサーが担当している”天の声”。

顔の見えないままツッコミや進行をするだけに、通常の出演とはまた違った技術を要するポジションでしょう。

そんななか、お笑いコンビ・サンドウィッチマンの新番組で、狩野英孝さんが”天の声”として登場。さっそくの手厳しいツッコミを受けました。


■新番組『サンド道楽』

4日からスタートした新番組『サンド道楽』(BSフジ)。多忙で無趣味なサンドウィッチマンに、”人生がより楽しくなる術を提案する”という面白情報バラエティです。

番組冒頭では、サンドウィッチマンの2人が番組内容をなにも聞いていないこと、打ち合わせもしていないことなど、ボヤきつつスタート。そこに天の声こと”道楽の神様”・狩野さんが語りかけるのですが、しばし無視…しまいには「うるせぇな」と言われてしまいます。


関連記事:ナイツ塙に故・内海桂子師匠が憑依 「漫才論争」に言及も

■キャラがグダグダに

正体を隠し神様キャラに徹していた狩野さんですが、2人からは「えいこーちゃん」「狩野英孝でしょ?」とアッサリ言われてしまい、苦肉の策で自身を「おもしろ芸人のことか」としらばっくれるも、初っ端からグダグダな展開に…。

それでも翁のような語り口調を保ち、なんとか番組説明に入りますが、ふたたび2人からは「ちょっと何言ってんのわかんない」などと妨害が。

最終的には説明を噛んでしまい、2人から「変な声色変えてるからじゃない?」「普通にやればいい」とツッコまれてしまいました。

続きを読む ■神様の趣味は…
  • 1
  • 2

おすすめ記事