浅野忠信が画家として描いた作品250点が公開! パルコミュージアム東京にて

4月9日から25日まで! 浅野忠信さんの2年ぶりとなる個展『TADANOBU ASANO EXHIBITION “FREAK”』が開催

(©Tabanobu Asano)

俳優として活躍する浅野忠信さんですが、画集を発表するなど、画家としての顔も持っています。

そんな「画家・浅野忠信」の作品250点が展示される個展『TADANOBU ASANO EXHIBITION “FREAK”』が、4月9日からパルコミュージアム東京で開催されます。浅野さんの新たな一面が知られる本展を探ってみましょう。


画像をもっと見る

■俳優・浅野忠信のはじまり

(©Tabanobu Asano)

1973年11月27日生まれの浅野さんは、1990年の映画『バタアシ金魚』でデビュー以来、その活躍は日本だけにとどまりません。

2007年には、モンゴル帝国の創始者、チンギス・ハンの生涯を描いた『モンゴル』で、主演のチンギス・ハン役を熱演。ロシアのセルゲイ・ボドロフ監督が手がけた同作は、第80回アカデミー外国語映画賞にノミネートされたほど。


関連記事:土屋太鳳、千鳥ノブにキュン 下ネタから守ってくれた過去明かす

■国際的に認められる実力

そして2011年には、アメリカンコミックのスーパーヒーローを実写化した『マイティ・ソー』で、ハリウッド映画に進出。

2014年、熊切和嘉監督の『私の男』で、義理の娘と関係を持つ主人公を演じ、第36回モスクワ国際映画祭最優秀男優賞に輝きました。世界中で快進撃を続ける浅野さんなのです。

続きを読む ■画家・浅野忠信

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

この記事の画像(6枚)

おすすめ記事

関連キーワード