急増中! 婚約した相手が既婚者だった…慰謝料請求できる?

相談が増えている「交際相手が既婚者だった場合のトラブル」を弁護士が解説! 既婚者を見抜くポイントも紹介します

婚約破棄
(Tanya Constantine/Blend Images/Thinkstock/写真はイメージです)

■客観的には、自分が「不倫相手」に

不本意とはいえ、既婚者と関係を持ってしまったことは事実です。客観的には自分が「不倫相手」になってしまいます。

交際相手に慰謝料の請求をしたら、相手の奥さんから不倫を理由に訴えられてしまう、なんていうリスクも…。

しかし、相手が既婚者だと知らなかったときちんと証明できれば、奥さんからの請求は退けられます。相手とのやりとりなど、自分を守るための証拠もしっかりと集めてから、毅然と対応しましょう。

 

■既婚者を見抜くポイント

いずれにせよ、貴重な時間を無駄にしないために、こういったことがないに越したことはありません。

これまで受けた相談を元に、既婚者を見抜くポイントをまとめてみました。

・土日に連絡が取りづらい
・家を教えない、家に呼んでくれない
・席を立つときも携帯や財布など、荷物を手放さない(身分証などを見られないため)
・泊まらずに帰ったり、旅行を嫌がったりする
・「バツイチである」とごまかそうとする
・SNSでの公開を嫌がる

 

好きだった相手に裏切られたのですから、騙されていた側にとっては、人間不信になってしまうほどの大きなダメージです。

相手には、慰謝料を請求し、きちんと責任を取らせるようにしたいですね。

・合わせて読みたい→準備より前に! 婚活パーティーになるべく早く参加すべき3つの理由

(文/fumumu編集部・松下 真由美(弁護士)

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!