スギちゃん、石橋貴明の言葉で目が覚める 「あのまま行ってたら辞めてた」

スギちゃんに笑顔が戻ったのは石橋貴明の言葉のおかげ

スギちゃん29日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』 (テレビ朝日系)に、お笑いタレントのスギちゃんが出演。

とんねるずの石橋貴明さんから受けた言葉を明かしました。


■ワイルドキャラではなく素の自分をアピール

2011年の冬に「ワイルドスギちゃん」のキャラが誕生、その後は『R-1ぐらんぷり2012』(フジテレビ系)で準優勝し、大ブレークを果たしたスギちゃん。

そして、2012年はテレビ出演本数335本、最高月収は1000万円に達していたことを語りました。当時、実力がないのに、自身に実力があると過信していたというスギちゃんは、イジられている一発屋芸人に対し「あいつらと俺は違う」と思っていたそう。

そして、飽きられないために「ワイルド仕分け」や「ワイルド方言」などシリーズ化し、様々なワイルドネタを繰り出しましたが、不発。その後、スギちゃんはワイルドキャラではなく“素の自分”をアピールし始めますが、だれ一人笑わなかったといいます。


関連記事:石橋貴明、永野をラッセンの髪型に… 仕上がりに「似合ってる」「全然いい」

■ストレスをブログに…スタジオ絶句

共演者のお笑いタレントの伊集院光さんは「ワイルドが欲しいのにワイルドNGは、すごい使いづらい」と発言。さらに、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの吉村崇さんも「ワイルドネタでスベってもいいじゃない。イジることができる」と指摘しました。

「人づきあいが苦手」と語るスギちゃんは、誰にも相談することもできず、仕事は激減。ついにメンタルをやられてしまい、日々のストレスをブログに書き綴るようになったそう。その内容は「何一つ結果が出ない日々が続いている」というシビアなもの。

スタジオ一同、その内容に絶句しますが、スギちゃんは「『そんなことない』と言ってほしいがために書いた」と振り返りました。

テレビ出演もなくなり、失意の日々を過ごしていたところ、バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』( フジテレビ系)からオファーが来ます。

続きを読む ■起死回生のオファーで…

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

おすすめ記事