米倉涼子「自信が無い…」 根暗だった少女時代とネガティブな性格を告白

「失敗しない女優」米倉涼子さんが、イメージとはかけ離れた意外過ぎるネガティブな性格や悩みを吐露しました。。

米倉涼子

9年半もの間、放送された『サワコの朝』 (TBS系)が、27日で幕を下ろしました。最終回となる今回は、女優の米倉涼子さんが登場。

「常に自信が無い」というネガティブな性格や、仕事への思いなどを語り、話題を呼んでいます。


■米倉さんの魅力にメロメロな阿川さん

番組の司会であるエッセイストの阿川佐和子さんは、米倉さんを前に「しばらく見ないうちに大人になっちゃって…」と感慨深げな様子。

2人の初めての出会いは、紅白歌合戦で審査員をした時だったそう。阿川さんは「プラカードを持ったお姉さんにぶつかって、私が舞台から落ちそうになった時に、米倉さんが『大丈夫ですか!』ってガッと後ろから支えてくれた」と米倉さんの男前エピソードを披露。

「なんて素敵な人!って思った。惚れたの」と告白しました。


関連記事:ノブコブ吉村、ラブソングの女王から熱烈アプローチ 「1回冒険しよう」

■内向的だった少女時代

少女時代の性格は根暗で、前に出るタイプではなかったという米倉さん。そんな性格を直すため、24歳ぐらいの頃に「思ったことは口にする」と決意し、自分から人に挨拶に行くようになったそうです。

米倉さんは「それからは生きていくのが楽になった」と当時を振り返りました。

続きを読む ■意外過ぎるネガティブな性格
  • 1
  • 2

おすすめ記事