マヂラブ野田の『あつ森』にかまいたち失笑 チートすぎる機能に驚きの課金

『かまいたちのタグロー』マヂカルラブリーが出演。4人でインディーズな『あつ森』をプレイしました。

マヂカルラブリー

かまいたちがMCを務める配信バラエティ番組『かまいたちのタグロー』(GYAO!)に、マヂカルラブリー(以下、マヂラブ)がゲスト出演。

後編となる24日の配信では、野田クリスタルさん自作の仰天ゲームをプレイします。


■Nintendo Switchでソフト発売

『R-1グランプリ2020』でも注目が集まった、野田さん自作の”野田ゲー”。4月にはNintendo Switchソフトで『スーパー野田ゲーPARTY』が発売されるとのことで、かまいたちの濱家隆一さんも感心の声をあげます。

そこで番組では、同じく野田さんが作ったというゲームをプレイする企画を発表。しかし野田さんは「『あつ森』やってもらおうかな」と発言します。


関連記事:マヂカルラブリー、科学的に分析されドヤ顔 「ついに気づいてもらえましたよ」

■野田ゲー式『あつ森』

”あつ森”といえば、思い浮かべるのはNintendo Switch の大人気ゲーム『あつまれ どうぶつの森』。かまいたちも不思議な表情を浮かべるのですが、野田さんが紹介したのは、『あつまってくるファンにモルックを投げつける さらば森田』=『あつ森』…。

フィンランド発祥のスポーツ「モルック」のプレイヤーでもある、さらば青春の光・​森田哲矢さんが、競技で使う木の棒をおしかけるファンに投げて、仕事に遅刻せずに行く…というゲームです。

たしかに『あつ森』ではあるけどもコレジャナイ感に、かまいたちの2人も「『あつまれ どうぶつの森』やと思ってた」と失笑。野田さんから「インディーズの方やってる?」と聞かれると「こっち(自作)でしょインディーズの方は」とツッコミます。

続きを読む ■激ムズゲーム
  • 1
  • 2

おすすめ記事