EXIT・兼近が語った「友達観」に反響集まる 「救われた」「ジーンとくる」

兼近さんが考える「友達」とは…。「その通り過ぎる」と出演者も視聴者も絶賛

EXIT
(写真提供:JP News)

23日放送の『イグナッツ!!』 (テレビ朝日系)に、MCを務めるお笑いコンビ・EXITが、友達観について語り、大きな反響を呼んでいます。


■「友達」に出した答えは…

視聴者から募集したお題を10文字で表現する企画コーナー「森羅万象10文字委員会」の今回のお題は「友達」。出演者がそれぞれ「友達」に対して思うことを回答していきます。

まず、兼近大樹さんが「俺、今回軽い。スナック菓子系」と言いつつも、出した回答は「基準や形は違っていい」という10文字。

そこで「友達ってめっちゃいろんな種類がある。昔、女子が『うちら友達なんだー』って言っているのを聞いてて『ほんとに友達かよ』って思ったときもあったけど、最近は『それも友達なんだ』って思うようになって…」と語り始めます。


関連記事:EXIT兼近、芸能人からのアプローチを激白 「さっしーの友達とか…」

■「正解が出たっぽい…」と納得

さらに、兼近さんは「軽い友達もいれば、人生を共にする友達もいる。その中間もいてもいい。『私って本当に友達なの?』っていう疑問は必要ない」と力説しました。

「多様性を含んでいるのが友達」と結論を述べると、出演者一同は「正解が出たっぽい…」「ハッとした」「その通り過ぎない?」と大きく納得します。

しかし、そこで相方のりんたろー。さんから「でもこれは、友達じゃなくてもそう」と意見が述べられます。続けて「すべてにおいてそうじゃないですか。だから友達って言ったときにそんなに当てはまるかな」と難しい顔で語ります。

続きを読む ■りんたろー。さんの意見は

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

おすすめ記事