カンニング竹山、テレクラの現状に衝撃 女性の利用目的に注意喚起も

1980年~90年代に”出会いの場”として活用されていた「テレクラ」。現在の実態は…

カンニング竹山の土曜The NIGHT
(画像は『カンニング竹山の土曜The NIGHT』より)

21日放送の『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)では、「テレクラ」の現在をピックアップ。

実際にスタッフが利用し、電話をかけるのはどんな女性なのか、その目的などを深堀りしました。

調査結果に、MCを務めるカンニング竹山さんも衝撃を受けたようです。


画像をもっと見る

■出会いの場の元祖「テレクラ」

1980年~90年代に日本独特の“出会いの場”となっていた「テレクラ(テレフォンクラブ)」。

若い世代は聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、男性がお店の狭い個室に入り、女性からの電話を受けて会話を楽しむほか、テレフォンセックスやエッチの相手を探して楽しむものとして、存在していました。

番組では、「実録テレクラ! 受話器を握る愛すべきヘンタイたち」と題して、絶滅寸前ではあるものの現在も存在し、必要としている人がいる「テレクラ」について、掘り下げていきました、


関連記事:カンニング竹山、エッチ中の女子の本音に驚愕 「AVという教科書では…」

■現在の店舗数は…

竹山さんは「昔は歌舞伎町に遊びに行くと、テレクラの宣伝のテープが流れてた」と振り返りながらも「もうなくなったと思ってたけど…」と現在も利用者がいることに驚きの表情を浮かべます。

とはいえ、全盛期だった1990年頃は都内だけでも数百軒あった「テレクラ」も、徐々に衰退。現在は全国で12~3店ほどだといいます。

今回、番組スタッフ3名は今でも盛り上がりを見せているという、池袋にあるテレクラ店「リンリンハウス池袋店」にて朝10時から夜11時まで利用。

カンニング竹山の土曜The NIGHT
@ABEMA

実際に電話を取り、どんな女性が、どんな目的で電話をかけるのか、調査を行いました。

続きを読む ■電話ガンガン、部屋は満室

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事