ぺこぱ、バイきんぐ小峠から執拗に解散を勧められた過去を暴露

ぺこぱが小峠に言われた衝撃的な言葉…本人は「覚えてない」と言うものの?

ぺこぱ11日放送の『ダウンタウンDX』に、お笑いコンビ・ぺこぱが登場。バイきんぐの小峠英二さんが執拗に「解散」を勧めてきた過去を明かしました。


■解散の忠告

この日の放送でぺこぱの2人は結成から9年程経った頃、共に出演していたテレビ番組に松陰寺太勇さんのみが呼ばれるようになり、シュウペイさんは毎回見学ポジションになってしまったことがあると回想。

当時松陰寺さんの相方であるにもかかわらず、打ち上げにも参加できずにいたシュウペイさんの状況を知った小峠さんに「解散したほうがいいぞ」と忠告されたのだそうです。


関連記事:ぺこぱ松陰寺、相方・シュウペイに猛アタックするキッカケとなった一言

■「成功した人を何人も見てきているから」

続いて松陰寺さんは小峠さんに「解散して成功した人を何人も見てきているから」「解散したほうがいい」と10分ほど執拗に迫られたと告白。

その真剣なまなざしと口調は、松陰寺さんが「本当に(解散)したほうがいいのかな…」と思わず考えてしまう程だったと語ります。

しかし、今解散を決めてしまったら9年間も一緒にいた相方が途方に暮れてしまう!と考えた彼は悩んだ末にその思いを捨て、コンビを継続することに。

あの時解散しなかったからこそ「今、やっと僕らここに立てている」と話し、小峠さんに「一言あるだろ!!」と突っ込みました。

続きを読む ■解散を勧めた理由を告白

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

おすすめ記事