悪口が癖になってない? 「人の否定ばかりだな…」と感じた経験3つ

「悪口ばかり言う人だな…」と感じた経験を、fumumu取材班が聞いてきました。

女性の会話
(Bojan89/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

気持ちを発散する方法として、ときには有効な「悪口」。ただ、あまりにも悪口ばかりになってしまうと、周りのほうが負のオーラにぐったりしてしまうかもしれません。

「この人、悪口ばかりだな…」と感じた経験を、fumumu取材班が聞いてきました。


①芸能人のあら探し

「学生時代の友達が、芸能人のあら探しばかりしている子で、一緒にいると疲れることが多かったです。人気が出てきたタレントやモデルのことを、『でも脚太くない?』『メイク濃すぎるよね』と、なにかしら否定していたんです。


聞いていて楽しくないし、どうしていつも誰かの悪口ばかりなんだろう? と思っていました。『そうかな? そんな気にならないけど…』と相手の発言をちょっとでも否定すると、『え~! 見る目おかしい!』とこちらに火の粉が降ってくるので、後半は反応するのも苦痛でした。


本当にそう見えていたとしても、人の否定ばかりしている自分がどう見えるのか、少しは考えたほうがいいんじゃないかと思います」(20代・女性)


関連記事:興味のない「悪口」に巻き込まれたくない! 3つの回避法とは

②人の評価を…

「職場に、人が評価されることを絶対に認めない人がいます。周りに褒められたり、成果を上げた人に対して、なにかと水を差してくるんですよね。


『でもここはちょっと惜しかったよね』とか、『そんな褒めるほどのことじゃなくない(笑)』とか。聞いていて、どうして素直にすごいと言えないんだろう…と嫌な気持ちになります。


相手に嫉妬しているからこそ、悪口を言って自分のプライドを保っているんですかね。それを言うことで、むしろ自分の評価を下げていることに気づいてほしいです」(20代・女性)

続きを読む ③褒め言葉に被せて…

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

おすすめ記事