千原ジュニア「メシに敬意を払え!」 食事中の許せない行為を明かす

ABEMA
(画像は『ABEMA的ニュースショー』より)

28日放送の『ABEMA的ニュースショー』(ABEMA)では、お笑いタレントの千原ジュニア さんが、食事中に許せないと思う行為について語りました。


画像をもっと見る

■鈴木紗理奈「100年の恋も冷めちゃう」

コロナ禍で「自粛警察」「マスク警察」などの言葉が生まれましたが、番組では出演者が「どうしても気になってしまう」ことを発表していきました。

ゲストで登場したタレントの鈴木紗理奈さんは「箸の持ち方が、ちゃんとしていない方は100年の恋も冷めちゃうくらいダメ」と、「箸の持ち方警察」であることを告白。

ジュニアさんが「器用に『それでようイケるな』って人いるよね」と共感を示すと「ドラえもんみたいな持ち方してるのに、ちゃんと掴めてる人とか…」と再現。

ABEMA
@ABEMA

帰省した時には、甥や姪に箸の持ち方を直していることも明かしました。


関連記事:山崎ケイ、結婚前の恋バナ「うまいこと、かわしてた」 後輩芸人が暴露

■マンボウやしろ「アップデートしきれてない」

続いて、元芸人で演出家・脚本家のマンボウやしろさんは「本当に古いと思うんですけど…」と前置きして掲げたのは「断る理由警察」。

やしろさん自身、先輩に誘われて断る時、相手がモヤモヤしないように必ず断る理由を伝えるといいます。そのため、後輩から「すみません、その日ダメなんです」だけ送られてくると「『理由もうちょっと言ってくれんかね』って思ってしまう」と吐露。

ABEMA
@ABEMA

続けて「先輩後輩だけじゃなくて、恋人同士でも必要じゃないかと思っちゃうんですけど」の言葉には、スタジオにいる女性は「えぇ…」とあまり理解を得られない様子。

「古いですよね」「芸人を途中で辞めているんで、アップデートしきれていない部分があって…」と自身を分析しました。

続きを読む ■ジュニアの訴えに出演者も共感

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事