霜降り明星粗品、納税のため借金していると告白 「あまり返せていない」

あまりにも悲しい理由の借金である

霜降り明星粗品18日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・霜降り明星が登場。

粗品さんが売れっ子芸人であるにも関わらず、所属事務所の吉本興業に借金をしていると告白しました。


■ローンで家を買うせいや

2018年に『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系)で優勝してから各局に引っ張りだこ、出演番組が爆増したほかYouTubeチャンネルも注目され続けている霜降り明星の2人。

せいやさんは「(仕事がなくなるのが)怖い」と言いつつも大阪の両親に35年ローンで家を購入し順風満帆な人生を歩んでいるようです。


関連記事:霜降り・粗品の借金は「年々増えていってる」 それを逆手に替え歌制作も

■粗品は借金持ち

一方の粗品さんも母親に仕送りをしているのだそう。しかし、同時に「納税のめどが立たない」ため吉本興業に借金をしていると告白しました。

大金を稼いだ翌年のことを全く考えずに使いこんでしまい、税金を払うために吉本からお金を借りているとのこと。そのお金は現在も「あまり返せていない」のだとか…。

そんなことから、「実質大崎会長(吉本興業ホールディングス代表取締役会長の大崎洋さん)が母に仕送りをしている」状態だと話す粗品さんに対し、スタジオからは大きなどよめきが沸き起こりました。

続きを読む ■ダウンタウンにも同じ過去が!
  • 1
  • 2

おすすめ記事