しみけんが明かすAVの裏側にケンコバも驚き 「そんなことが!?」

人気男優のしみけんさんが、AVの演出を真似する男子たちに喝!

アベプラ
(画像は『ABEMA Prime』より)

16日放送の『ABEMA Prime』(ABEMA)では、人気男優・しみけんがリモート出演し「AVの教科書化問題」について語りました。

また、“AVの裏側”を明かし、番組MCを務めるケンドーコバヤシさんが驚く場面も。


■「正知識のデマ」も増加

現在は、性教育ユーチューバ-のシオリーヌさんや、性行為の具体的な知識を開設する「日本性知識普及協会」、またタレントの SHELLY さんなど、YouTube・インスタとSNSを通じて、正しい性教育を発信する人も増加中。

しかし、ネットで手軽にアダルトコンテンツを見ることができるこの時代、「ネットに溢れる性知識のデマ」も広がり、性感染症や望まない妊娠の危険性も潜んでいます。

今回、番組では「10代に正しい性知識を身につけてもらうには…?」をテーマにトークを展開しました。


関連記事:はあちゅう&しみけんが性教育に言及 「職業を子供にどう説明するか」

■AVの真似は「大人になりきれてない人たち」

アベプラ
@ABEMA

番組が紹介した「性行為でAVの動きを真似たことはあるか?」の調査では、男性は「ある」74件・「ない」26件との結果に。「手本にされること」について聞かれたしみけんさんは、「残念」とひとこと。

そもそもアダルトビデオは、“大人”に楽しんでもらうために演出された、非現実・ファンタジーな世界。しみけんさんは「大人になりきれていない人たちが真似するというのは、残念に思います」と心情を吐露しました。

続きを読む ■しみけん「真似すると嫌われます」

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事