オードリー・ヘプバーンのナチュラルな生き方を追う写真展

3月7日まで! 写真展「オードリー・スタイル 飾らない生き方」開催中!

オードリー・ヘプバーン

「永遠の妖精」と謳われたオードリー・ヘプバーン。いまなお世界中の人々を魅了してやまない彼女の一生を堪能できる写真展「オードリー・スタイル 飾らない生き方」が、東京・日本橋三越本店で開催中です。

バレリーナを目指した少女時代から、ハリウッドデビューし、亡くなる直前までユニセフ親善大使を務めたオードリー。その彼女らしい生き方の魅力を、写真とともに探ってみましょう。


画像をもっと見る

■ベルギー生まれのバレリーナ

オードリー・ヘプバーンは、1929年5月4日、ベルギーの首都ブリュッセルで生まれました。5歳ごろからバレエを習いはじめ、1951年、フランスで撮影ロケに参加していた際、フランス人女性作家シドニー=ガブリエル・コレットと出会います。

そして同年、コレットが書いた『ジジ』の主人公・ジジ役で、ブロードウェイデビュー。同作は、少女ジジの恋愛模様を描き、バレリーナとして活躍していたオードリーの経験が見事に活きた作品でした。


関連記事:フワちゃんの“今後の展望”にオードリー若林 「日本おかしくなる」

■煙草売りの少女『大いなる遺産』

オードリー・ヘプバーン実は1951年にも、オードリーは、映画『大いなる遺産』に、煙草売りの少女・フリーダ役で出演しています。

頭の上の大きなリボンと、首元のコサージュがアクセントの衣装は、煙草売り娘のユニフォームです。煙草の入った箱を首から下げて売り歩く姿は、それだけでもキュート! やはりバレエで鍛えられたオードリーの全身は、歩くだけでもしなやかな美しさを醸し出しています。

続きを読む ■みんな大好きアン王女『ローマの休日』
  • 1
  • 2

この記事の画像(5枚)

おすすめ記事