滝沢カレン、何も知らされずいつも番組出演…「毎回失礼になっている」

何も知らされずに番組収録に臨む滝沢カレン

滝沢カレン
16日放送の『さまぁ~ず論』 (テレビ朝日系)に、モデルでタレントの滝沢カレンさんが出演。番組出演時「何も知らされないまま臨んでいる」という驚きの内幕を明かしました。


■「出川さんと同じ考え方」とツッコまれて

MCを務めるお笑いコンビ・さまぁ~ずの2人のように「リーダーになる仕事を増やしていきたい」と夢を語る滝沢さん。「人を引き連れていく番組、皆様を招待する側にいつか行きたい」の言葉に、大竹一樹さんから「出川さんと同じ考え方。冠番組『出川哲朗の…』という」ツッコミが入ります。

それには「やだやだ」と、笑顔で反応しつつ「お散歩番組で一番先頭の人、人々を連れ出すような…。それをやりたい」「例えば、お台場なら私がお台場を、先にすみずみまで知っておきたい」と熱弁をふるいました。

続けて「もっとスタッフさんと『ああしたいですよね、こうしたいですよね』と語れる場になりたいんです」と、番組作りへの熱い思いを吐露しました。


関連記事:滝沢カレン、1人で食事をする人を励ましたい 「あなたは1人じゃない!」

■驚きの告白が…

さらに「いつも、今日は誰が来るかも教えてもらえない状態で毎日やってるんです」と驚きの告白が。

「『伯山カレンの反省だ!!』では、何も…。台本も、私と(神田)伯山さんの名前だけ書いてあって、それがホチキスで止めてあるものだけを渡される」と、何も知らされていない内幕を暴露。だからゲストが来る日なのか、VTRを見て話し合う日なのかもわからないそう。

三村マサカズさんが「そうなると、伯山さんは知ってるのかな?」と疑問をぶつけますが、滝沢さんは「伯山さんもなぜか知らない」「リーダー不在なんです」と答え、スタジオを沸かせていました。

続きを読む ■「すごい、カレンちゃん」と思われたい
  • 1
  • 2

おすすめ記事