お金が貯まる人はココが違う! 貯金上手な人がやっている3つの習慣

貯金上手な人はお金が好きな人。お金が好きな人はお金を丁寧に扱う傾向があります。ファイナンシャルプランナーが解説します。

貯金をする女の子
(paulaphoto/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

いざ、貯金をしよう! と思っていても、具体的に何から始めればいいか、わからないことが多いですよね。

では、貯金上手な人は、どんなことを実践しているのでしょうか?

 

■貯金上手な人の特徴

貯金上手な人は、お金を丁寧に扱っている人がとても多いですね。なぜなら、「お金が好きだから」じゃないかなと思います。

たとえば、“お金”と“彼氏”を置き換えてみると、雑に扱ったり、傷つけたりしないはず…。彼のことは、大切にしたいですよね。お金も同じです。

お金が好きな人は、好きな人と接するようにお金を大切にしています。

では、お金を大切に扱う人の習慣には、どのようなものがあるのでしょう。

 

①月に1度は通帳を記帳する

お金が好きな人は、通帳記帳をしてお金の流れを把握しています。好きならほったらかしにはしません。

通帳記帳をしない人は、ATMの残高だけでお金のあるなしを判断していて、自分が必要なときにだけ連絡するのと似ています。

最近では、通帳が発行されていないタイプの通帳もあるので、専用のサイトにログインしてお金の流れを把握しましょう。

 

②計画性がある

いきあたりばったりのデートと、計画を立ててくれているデートだったら、計画してくれている方が嬉しいですよね。

いつも完璧はむずかしいけど、計画性があるデートは大切にされているような気がします。

お金を大切に扱うとは、しっかりと計画してお金を貯めること。お金を貯めていれば、お祝儀などの出費や、大事なときに自分のために使うことだってできます。

 

③小さな出費を無駄にしない

通勤通学時に、ちょっとスタバで休むとか、立ち寄ったコンビニで新商品のアイスを買うとか…なにげなく使ってしまう生活の小さな出費を“ラテマネー”と呼んでいます。

毎日の小さな出費も、月単位なら意外と大きな出費になります。コンビニで100円のコーヒーやアイスも、月で考えると3,000円の出費です。ちょっといいリップが買えますね。

3,000円のリップを買うのは躊躇するけれど、100円のアイスは気にしない人も多いんです。貯金上手な人は、小さな出費もムダにしていません。お金に目を向けて、本当に必要なモノに支出をしています。

 

お金を恋人と同じように接することで、貯金上手に! お金を貯めたい人は、お金を好きになって大切に扱ってくださいね。

・合わせて読みたい→知らない人は要注意! クレジットカードの使い方と3つの基本ルール

(文/荒木 千秋

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!