陣内智則、YouTubeの再生数が伸び悩み苦悩 企画系動画は散々な結果に

陣内智則が悩むYouTubeの再生数は果たして…

陣内智則

9日放送の『踊る!さんま御殿!』(日本テレビ系)にお笑い芸人の陣内智則さんが登場。

自身のYouTubeチャンネルの再生数が伸び悩んでいると告白し、人気YouTuberのHIKAKINさんにアドバイスを受ける一幕が公開されました。


■最近困っていること

この日、ヒカキンさんの「YouTubeはやってみないと何が当たるかわからない」という話題を皮切りに、動画の難しさで盛り上がった出演者一同。

そんな中、陣内さんは「最近困っていること」として、自身のYouTubeチャンネル「陣内智則のネタジン」の再生回数について言及しました。


関連記事:陣内智則、渡部健の不倫報道で流れ弾? 「そっとしといてもらいたい」と本音

■企画動画の再生数が…

現在、チャンネル登録者数が「66万人ぐらい」(放送後は67.6万人に増加)と話した陣内さんは、「再生回数が伸びていない」と告白。

特にネタ探しから撮影、編集に時間がかかりがちな「企画系動画」が伸び悩んでいると明かしました。

彼の動画一覧を見てみると、「コント 自動販売機」というお笑い動画は101万回再生を記録しているにも関わらず、「大根おろしに一番合うのはどの食品?実際に食べて順位を決めよう!D-1グランプリ開催」は5.8万再生、「体を張って憧れをやってみた! イチローの背面キャッチに挑戦」は9044再生と、企画動画は見られる回数が明らかに落ちている様子。

編集が分かりやすく、内容も楽しい「桃太郎電鉄プレイ動画」シリーズは20万前後の再生を記録していますが、それでもコントの方が需要があることが見て取れました。

続きを読む ■陣内智則の「強み」をヒカキンがアドバイス
  • 1
  • 2

おすすめ記事