Clubhouseであらわに! オフライン社会での不都合な格差

音声版SNS「Clubhouse」が盛り上がっています。一方で、オフライン社会の写し鏡に直面し、疲弊している人も……。

困る女性
(nicoletaionescu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

コロナ禍で誰かと繋がりたい一心で、招待制音声チャットソーシャルネットワークアプリ「Clubhouse」を始めたいとか始めたけれど、逆に孤独を感じてしまった…という人も。

fumumu取材班が、Clubhouseであらわになった「オフライン社会での不都合な格差」について、経験者たちに詳しい話を聞きました。


①そもそも招待されない

「周囲がClubhouseで盛り上がっている中、そもそも招待されずに落ち込んでいます。深く考えず『招待して欲しい!』と周囲に言える人はいいのかもしれませんが、私の場合、言ったところで招待されないのも怖くて、ただ1人、悶々と孤独を感じています。


オフライン社会で友だちが少ない人は、オンライン社会でも居場所を見つけるのは難しい時代なんですね」(20代・女性)


関連記事:登録前に要注意! Clubhuseでフォローされたら困る人

②フォロワーが増えない

「Clubhouseに登録したものの、フォロワーが全然増えません。モデレーターやスピーカーになれる人は露出機会が多く、認知からフォローに繋がると思うのですが…。


私の場合はそもそも、『人に話せるネタ』も、『説得力のある肩書き』もないので、リスナーにしかなれないんですよね。もちろん、リスナーとして参加することで幾分は露出機会を増やせますが、思うようにフォロワーが増えず、自己肯定感が低くなる一方です」(20代・女性)

続きを読む ③roomに人が集まらない

おすすめ記事