EXIT兼近、ジェンダー炎上に持論 「間違えている」「文句を言うのはお門違い」

昨年から多く見られる「ジェンダー炎上」についてEXITが持論を述べました

アベプラ
(画像は『ABEMA Prime』より)

4日に放送された『ABEMA Prime』(ABEMA)では、昨年に多く見られた「ジェンダー炎上」についてピックアップ。

時には不買運動まで招き、専門家でも判断が難しいほど複雑化しているという「ジェンダー炎上」について、MCを務める、お笑いコンビ・ EXIT は、持論を展開。難しい課題に多くの意見が寄せられています。


画像をもっと見る

■炎上の多かった2020年

昨年末、ファミリーマートが展開する「お母さん食堂」のブランド名について「性別によって役割を決めつけられているようだ」との理由で、名前の変更を求める署名活動が話題となり、ネット上では、賛否をめぐり炎上しました。

そのほかにも昨年は、タイツを販売する企業がツイッターで展開した“タイツを履く女性”のイラストに「なんで見る側目線なの?」「性的に描くな」など炎上。

小学生向け雑誌で“モテテクのさしすせそ”が掲載されると「時代遅れの価値観」「男のために生きてない」と炎上…と炎上の多かった年でもありました。


関連記事:EXIT兼近、批判集まる政治家の失言に苦言 「周りが支持するから…」

■りんたろー。「いいものはいいと選択できる時代」

アベプラ
@ABEMA

これらの共通点は「ジェンダー炎上」。時代にそぐわない男性像・女性像を描いた企業故国がSNSを中心に、多くの批判を受け収拾がつかなくなることを表します。

りんたろー。さんは「前は『モテるファッション』とか『モテメイク』とか“選ばれること”を前提としているものが多かった」と、かつて女性誌やネットでは「モテるため」の情報が溢れていたことを回顧。

続けて「今は、自分の幸せを実現するために何を選択していくか…と変わっている。男性もメイクもネイルするし、いいものはいいと選択できる時代。性別は関係なく選べる時代がきてると思う」と述べました。

続きを読む ■兼近「文句を言うのはお門違い」

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事