SHELLY、姉から教わった言葉を紹介し反響 「コンドームを嫌がる男は…」

SHELLYさんが、2人の姉から教わった「大事な言葉」を紹介しました。

SHELLY

昨年末に「性教育チャンネル」として、YouTubeチャンネル『SHELLYのお風呂場』を開設した、タレントの SHELLY さん。

これまで配信した内容も大きな反響を集めていますが、3日には「【性教育】姉たちから学んでおいてよかったことーの回」を公開し、反響を集めています。


■「お酒から目を離すな」

両親からは性教育を受けていたわけではないSHELLYさんが、性について詳しくなったきっかけは、4つ上のティナさんと2つ上のデニースさんの2人の姉。

今回は、学生時代に姉たちから教えられたという言葉を紹介していきました。

SHELLYさんが姉たちから受けた大事な情報のひとつは、バーやクラブなどでお酒を飲むとき「自分のお酒から目を離すな」。


関連記事:SHELLY、YouTubeで性教育チャンネル開設 「ずっと話したかった」

■お酒を渡されるまでの姿を見ること

「日本は海外ほどは多くないかもしれないけど…」と前置きしながらも、飲み物にクスリを入れて、眠くなったり朦朧としたりする相手を介抱するふりをして連れて帰り性暴力をする「デートレイプドラッグ」について語ります。

一緒に行った相手がお酒を買いに行くという場面でも、なるべく相手がお酒を買う姿を見る、バーテンが作る姿を見る、直接渡してもらうことを忘れてはいけないこと。自分のお酒をどこかに置いたまま話し込んで、また飲むということは危険であることを伝えました。

続きを読む ■「付き合う価値なし」の男性とは?

おすすめ記事