恋人は欲しくないと思っていた男子が…「付き合いたい」と思った瞬間

本当の愛とは?

カップル
(Tomwang112/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

恋をすると、日々の生活が楽しくなったり、仕事や学校への意欲が沸いたりと、恋愛がもたらすメリットはたくさんあります。しかし一方で、面倒なことをたくさんもたらすのも恋愛です。

あまりにも面倒なので「恋愛はしたくない」と考える人も、若い世代を中心に増加中と言われています。

 

■「恋人は欲しくない」4割近く

fumumu編集部では、全国20~60代の恋人がいない独身者の男女504名に恋人が欲しいと思っているか、調査を実施しました。

恋人が欲しいと思っていないグラフ
「恋人が欲しいとは思っていない」と答えた人は全体で37.5%でした。

恋人が欲しいと思っていない性別・年代別グラフ

性別・年代別では、50代以上が恋人はいなくてもいいと思う男女が多くなる反面、最も少ない割合だったのは、男性が40代、女性が30代で、20代男女はそれらよりも割合が高くなっています。

「いい人がいれば、付き合いたいとは思います。ただ積極的に合コンに行くなど、自分から出会いを探すことはしていないですね」(20代・男性)

 

■面倒な気持ちを乗り越えたときこそ

恋愛から離れている男性にも言い分があるようです。

「仕事など、今やっていることを減らさないまま、さらにエネルギーのいることが増えるのが恋愛です。限られた自分の時間を彼女に回し、さらにデートすればお金もかかります。

 

正直言って僕にはあまりメリットを感じられないので、恋愛体質の人たちの気持ちはまったく理解できないです」(20代・男性)

 

ただし、本当に好きな人が現れた場合には、大きく気持ちが変わることも。

「僕も恋愛は面倒だって、ずっと思ってきましたよ。だけど今の彼女と一緒にいるときは、楽しさしかないです。

 

面倒な気持ちを乗り越えた思いこそ、本当の愛なのかなと思うようになりました」(20代・男性)

 

心から思える相手と出会えるかどうかで、恋愛に対する考えが大きく変わるのかもしれません。

・合わせて読みたい→恋愛は長く続かない? 20代既婚女子は夫に「恋」していないのかも…

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代~60代の恋人がいない独身者の男女504名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!