岡田准一、アクションへのこだわりは「セクシー」と「センス」?

岡田准一がスタント無しで過激アクションをしていたと告白

■現場ではプレッシャーかけまくり

自ら過酷なシーンを演じ、共演者やスタッフにも「そんなんじゃ終わらんぞ!!」とプレッシャーをかけまくる岡田さんに対し、撮影班からは「鬼だなあと思いました」といったタレコミが続出。

監督らが演出に悩んだ際は「セーンス!! みんなプロなんだから感覚で乗り切ろう! センス!」と強引な一言を放つ時もあることがわかりました。


関連記事:岡田准一のお悩み相談に嵐も困惑 「ニュージーランドがいいと思うんだけど…」

■美少年が今や師範に

放送後、ツイッターからは「ほんとに変態だし、変態の何者でもない」「V6の一番末っ子がほんとにケンシロウになってしまった」「岡田氏よく生きてるなあ」といった驚きの声が寄せられたほか、「師範の現場、なんだか物騒な捉え方をされてるw」などの反響が殺到。

「昔はあんなに美少年だったのに…」「行列の岡田くんいかれとる」など、過去には美少年で売り出されていた時期もあったからこそその変貌ぶりに思わず突っ込んでしまうファンも見受けられました。

今後も「師範」として映画界、アイドル界を突っ走って欲しいものですね。

・合わせて読みたい→志尊淳、10代で2年間の家出を告白 「心の拠り所が無かった」

(文/fumumu編集部・鳳 あゆ子
  • 1
  • 2

おすすめ記事