同性愛者が異性愛者を好きになったら… どうしている?

同性愛者がストレートを好きになったら?

LGBT
(Roman Didkivskyi/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

レズビアンやゲイセクシャルなどの同性愛者が、同性を恋愛対象としない”ストレート”な人ばかりを好き好きになってしまう…というものがあるそうです。

そこで、fumumu取材班は、もしそういう人を好きになった場合にどうしているのか聞いてみました。


①諦める

「相手が同性愛者だという可能性が見えてこない限り、告白しないで諦めます。恋愛成就するよりも、引かれる可能性を考えた時にそっちの方が怖くて。


あと、友達を好きになった時は、友達ですらいられなくなるんじゃないか、というう恐怖があります。今の関係性も居心地がいいので、このままでもいいのかなあと思っています」(20代・女性)


関連記事:同性愛者の悩みあるある「好きな人は異性愛者」 彼らを落とす方は?

②友達のフリ?

「悪く言えば、友達のフリをしているのかも。恋愛感情があると悟られたくないし、今のままでいたいから。


でも、友達以上に近づきたいのにできない時は、結構辛いですね…。それに、『俺ら、親友だしね』みたいなことを言われると、『本当にそうなのだろうか』と心が痛みます。


友達として接しているつもりだけど、そうではない感情もあるので板挟みになるし、時々、告白した後にその後について考えた方が、お互いにいいのかなあと悩みますが、答えは出ません」(20代・男性)

続きを読む ③きちんと気持ちを伝える

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

おすすめ記事