東野幸治、コロナ禍で「吉本興業赤字」に決意 「苦渋の選択です」

吉本興業が赤字であることを聞いた東野さんが起こした行動とは?

東野幸治

20日に配信されたYouTubeチャンネル『東野幸治の幻ラジオ』で、所属する吉本興業が赤字であることを明かした、お笑いタレント・お笑いタレント・東野幸治さん。

悩んだ末に決断したことを報告し、ファンからは称賛の言葉と悲しみの声が広がっています。


■吉本興業「めちゃくちゃ赤字」

新型コロナウイルスの影響の多くのイベントが中止になっていますが、吉本興業も劇場公演や営業活動も大きな売上の一部。

ある日、チーフマネージャーから「コロナによって吉本興業は去年の売上、もう完璧に赤字です」「めちゃくちゃ赤字」と聞いたという東野さん。

ある日、チーフマネージャーから「コロナによって吉本興業は去年の売上、もう完璧に赤字です」「めちゃくちゃ赤字」と聞いたという東野さん。自身はテレビ出演が多いためそれほど影響がないそうですが、劇場や営業の仕事が主だった芸人たちは、生活に困っているという事実を聞かされたといいます。


関連記事:田村亮、話題のアニメ映画を観に行けないワケ 「見せたくない」

■東野幸治「全部もういらん」

帰宅後「そうか、吉本赤字かぁ」とこの話を思い出し、「僕にできることはないかなぁと思って」と考えた東野さん。

仕事現場に行くと、週刊文春や週刊新潮をはじめ、FLASHなどゴシップ記事も満載の週刊誌やスポーツ新聞、そのほかファッション誌など多くのジャンルの雑誌、そしてコーヒーが常に机の上に用意されている…という状況が30年ほど続いているそう。

会社の経費で使われている、これらのケータリングを計算してみた東野さんは、おそらく月に3~4万円はかかっていると予想。1年間で「社員1人の1カ月の給料になる」との考えに至り、「全部もういらん、と。やめようと思った」と決意を表明しました。

続きを読む ■「ゴシップ兄さん」の肩書は…

→Amazonタイムセール祭り9月24〜27日 ポイントアップ&配送料無料商品多数

おすすめ記事