いとうあさこ、おみくじで大吉を引き当てるも内容が悲惨 「本当に大吉?」

いとうあさこさんがおみくじを引くも、その結果は…。

いとうあさこ

19日に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、お笑いタレントのいとうあさこさんがおみくじで大吉を引き当てましたが、書かれていた内容が「悲惨」と話題になっています。


■神社を訪問し開運パワーを…

今回、富士山のふもとにある河口湖で開運旅をすることになったオアシズ・大久保佳代子さんとあさこさん。

2人は「北口本宮冨士浅間神社」を訪問し、樹齢1000年を超える御神木を見て回ったり、お参りをしたりするなど、開運パワーを頂きました。

そんな中、大久保さんが「おみくじやろ~ぜ!」と提案したことで、2人は今年の運試しとしておみくじをすることに。すると、いとうさんは大吉、大久保さんは中吉。


関連記事:いとうあさこ「独りでも平気」な理由とは 三代前まで孤独だった前世を語る

■大吉にも関わらず悲しい内容

あさこさんは「来た!」と喜びますが、おみくじに書かれてある内容を見て「え?」と固まります。おみくじには「何事も思うようにならず不安」という文章が書かれてあり、あさこさんは「え? これ本当に大吉?」と思わずびっくり。

また、願事は「思うようにならないでしょう」、待人は「遅くなります」、失物は「見つかるのは困難です」という結果で、悲惨すぎる内容に、大久保さんは「大吉? プリントミスじゃない?」とおみくじを疑います。

学問や縁談にもマイナスな内容が書かれている一方、中吉だった大久保さんは「全然私の方が良いよ」と言い、あさこさんよりも恵まれた運勢を明かしました。

続きを読む ■「大吉のあれじゃない」

おすすめ記事