「気になる彼は、いつも急で…」突然デートに誘う男子の最悪な本音5選

いつでも捕まる女性は、本命にはなれないようです。

電話をかける男子
(Koji_Ishii/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

雨の日が続く、憂鬱な梅雨の時期。もし、晴れた瞬間にデートのお誘いがあったら、ふたつ返事でオッケーしてしまいますよね。

しかし、急なお誘いほど、一旦は疑った方がいいかもしれません…。

fumumu取材班が男性に話を聞いてみると、突然デートに誘う場合の赤裸々な本音が見えてきました。

 

①ドタキャンの埋め合わせ

「本命にドタキャンされちゃうと…。埋め合わせに、暇そうな子に声をかけてみますね」(20代・男性)

 

「暇そう」と思われている時点で、恋愛対象外になっているかもしれないですね。

 

②隙間の時間を調整するため

「急な誘いって、断るのも楽なんですよね。時間が間に合わなくなったら、『また今度で』って言えばいいし…」(20代・男性)

 

たまたま隙間時間が空いた時、近くにいそうな女性にはとりあえず声をかけてみるのだそう。

 

③暇つぶし

「今くらいの梅雨の時期ってやることも限られるし、暇なんですよね。別に、何がしたいってわけじゃないんですけど」(20代・男性)

 

誘い文句の中で、「暇」というキーワードが出た時には、注意した方がいいかもしれません。本命の相手に対して、「暇な自分」なんて見せたいと思わないですよね。

 

④食事の相手

「急に焼き肉を食べたくなったんですけど、ひとりじゃお店に入りにくくて。だから、付き合ってくれそうな女性を探しました」(20代・男性)

 

付き合う前のデートで焼き肉に誘うのは、なかなかハードルが高いですよね。食事に行くお店やメニューからも、相手の本気度を知ることができるかもしれません。

 

⑤とりあえずやりたかったから

「付き合っていなくてもやらせてくれそうな子は、優先して連絡しています。どうしてもやりたくなる時って、ありますよ」(20代・男性)

 

隙がありそうな女性は、ターゲットにされやすいようです。露出の高い洋服を着ているような、ちょっと派手めな女性は、狙われているかもしれないですね。

 

本命であれば、準備は万全にしてからデートに挑みたいものです。

都合のいい女にされないように、気を付けたいですね。

・合わせて読みたい→女子大生を舐めないで! 社会人彼氏の浮気を見抜いた3つのサイン

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!