武井壮、「財産狙い」というネガティブワードに持論 「どれも同じ人の魅力」

武井壮さんが「財産狙い」という言われ方をすることを受け持論を展開。

6日、タレントの武井壮さんは自身のツイッターを更新。数ある魅力の中でも財産だけ悪く言われる風潮について疑問を吐露しました。


■「どれも同じ人の魅力だと思う」

武井壮さんは、「財産のある人と結婚することを『財産狙い』とか言う」と、お金持ちの人との結婚を選ぶと、金目当てとネガティブなワードが使われることに言及。

優秀な人狙い、イケメン狙いなどとあまり言われないため、「仕事ができる、人が良い、見た目が好き、財産がある」など様々な魅力を列挙し、「どれも同じ人の魅力だと思う」と意見を述べました。

そして、「財産も魅力の一つ」と、あくまでも結婚するに至った魅力の1つとして財産が挙がったに過ぎないことを説明し、財産がある人と結婚する場合のみ、悪く言われる風潮に疑問を溢しました。


関連記事:実は隠し資産アリ…結婚直前の恋人に貯金をどこまで明かす?

■「お金を稼いでより自由と…」

武井さん自身、「ちなみにオレは『武井さんお金あるからいいなあ!』も嬉しいけどね」と、女性から「財産があるから結婚したい」と思われることはネガティブに感じないよう。

そして「オレはお金ない時も楽しい暮らしをしていた」と前置きしつつ、「お金を稼いでより自由と豊かさと活動範囲の広さと『楽しいことをするために使える時間』が増えて『お金を貰うために過ごす時間』を減らして自分の能力も磨けるようになった」と財産がある魅力に触れました。

続きを読む ■「全然いいと思います!」
  • 1
  • 2

おすすめ記事