マヂカルラブリーの寄席が大反響 「売り上げ枚数歴代2位」に本人も「やば」

マヂカルラブリーの寄席の売り上げがすごい…。

マヂカルラブリー

『M-1グランプリ2020』(ABCテレビ・テレビ朝日系)で優勝し話題となっているマヂカルラブリーが、寄席を販売。

大反響により追加販売したところ、さらに反響が広がっています。


■大反響で視聴期間延期

1月1日配信の「マヂカルラブリーno寄席」を販売したマヂカルラブリー。「何度も見ないと元のネタがわからないので何度も見たくなる配信に適した寄席でした!」「日常生活の色んな事を忘れて観ていられました!」「死ぬほど笑いましたw」と大反響で終えました。

その結果、野田クリスタルさんは自身のツイッターで「マヂカルラブリーno寄席ですが、なんと7300枚も売れたそうです。面白かったらみんな見るという当たり前の事を思い知りました」と報告し、チケットの売り上げも凄かったよう。

「延長や再販の希望が多ければ交渉してみます」とのことでしたが、好評につき視聴期間を10日21時まで延長し、9日12時までチケットが購入できるようになりました。


関連記事:M-1優勝・マヂカルラブリー、上沼恵美子と感動の和解 「ごめんね、3年前」

■「売り上げ枚数歴代2位だそう」

「モダンタイムスをより楽しく見る方法は『実はめちゃめちゃ賞レース狙ってる』です」と引き続きチケット購入を募集したマヂカルラブリー。

野田さんは「10000枚突破したそうです。もういくとこまでいってほしいです。ちなみに現在配信の売り上げ枚数歴代2位だそうです」「12000枚まで来たそうです。やば」と経過を伝えたように、購入者が止まらずびっくりの結果が現在進行で叩き出されています。

続きを読む ■「M-1の賞金こえましたね?」
  • 1
  • 2

おすすめ記事