水溜りボンド、6年にわたる毎日投稿を終了 低迷のまま休養に突入

水溜りボンドが6年におよぶ毎日投稿を終了。再生回数が低迷、登録者数減少のなかで休養に突入しました。

youtube
(pressureUA/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人気ユーチューバー・水溜りボンド(登録者数427万人)が31日、丸6年に及んだ毎日投稿を終了。ファンから労いの声が相次いでいます。


■想い出の場所・河川敷で

今年8月、今年いっぱいでの毎日投稿を終了すると発表していた水溜りボンド。終了から約5ヶ月前での発表と、ファンを思ってかなりフライングしての報告をしていました。

そして31日、「【報告】6年間ありがとうございました!!!」と題した動画をアップ。6年前、彼らが初めて撮影した想い出の場所・多摩川の河川敷で心境を語っていきます。


関連記事:人気YouTuber、職業を親に言わずにいたら… 父親が放った「一言」に冷や汗

■視聴者とお互いに感謝

「こんなにすると思ってなかった」「普通にこの仕事ができると思ってなかった」(カンタさん)、「楽しかったですね、毎日動画をあげて。みなさんと一緒にここまで来れた」(トミーさん)などと話しつつ、「視聴者さんがいなかったらできなかった」「このふたりじゃなかったら続かなかった」と視聴者と、お互いに感謝の気持ちを述べます。

その後、「本当に迷ったんですけど」としつつ、動画投稿を休むことを報告。「正直これほど怖いことはないです」としつつも、「これからも頑張るためにちょっと休もうかなと」と、説明していました。

続きを読む ■お休みを報告、何日かは未定

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

おすすめ記事