ロンブー淳、介護見据えたVIO脱毛の近況 「40年後に差がつきますから」

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが介護脱毛の近況を明かしました。

田村淳

31日、お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号がYouTubeチャンネル『ロンブーチャンネル』に新たな動画を投稿。

田村淳さんが、VIO(陰部や鼠径部など、デリケートゾーン)脱毛の進捗を明かし、話題になっています。


■介護見越してVIO脱毛

以前、YouTubeチャンネルにて自身のVIO脱毛の様子を公開していた淳さん。「毛の必要性を僕はまったく感じてない」という考えから、2年ほど前から全身脱毛をしている淳さんですが、「いずれ年老いて誰かの看護(介護)が必要になる」と見越して、VIOにも脱毛の範囲を広げていると明かしていました。

もし介護される立場になった際、陰部や肛門付近に毛が生えていると、排泄物が絡まって拭きにくい…という事態にならないように、との理由です。


関連記事:ゆきぽよ、自身の脱毛事情について言及 実は「全然完了してない」

■「40年後に差がつきますから」

そして今回公開された動画では、その進捗が映されることに。この日、毛剃り要員で招聘された後輩芸人が「俺なんのために吉本入ったんだ…」などと言った流れで、淳さんは改めて真面目な目的であることをカメラに向かって説明。

「今、『何その脱毛』って笑ってらっしゃる方、40年後に差がつきますから」と視聴者に向けて述べつつ、「淳さん楽だから、毛がないおじいちゃんだからって」「みんな俺に集中するだろうから」と、将来介護されるときをリアルに想像します。たしかに、介護士さんも楽な人のほうが助かりますよね。

続きを読む ■「男のたくましさって毛じゃないよ、ハートだよ」

→Amazonプライム会員だけが参加できる! 年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回会員登録は30日無料。

おすすめ記事