千鳥・大悟が『志村友達大集合SP』で見せた悲しげな顔に反響 「上を向いてた」

千鳥・大悟が志村けんさんを思って見せた表情

大悟

28日に放送された『ドリフ・バカ殿・志村友達大集合SP』(フジテレビ系)にて、お笑いコンビ・千鳥がかつてのドリフメンバーに扮し懐かしの日々を振り返りました。

番組の終盤で大悟さんが見せたある異変が反響を呼んでいます。


■伝説的オープニングを再現

ザ・ドリフターズの加藤茶さん、高木ブーさん、仲本工事さんと共にオープニングに登場した千鳥の2人。故・志村けんさんと酒飲み友達だった大悟さんは特殊メイクで志村さん。ノブさんは故・いかりや長介さんに変身して登場しました。

放送中、ツイッターからはあまりのそっくりさに「志村けん役を大悟がやってるの見てそれだけでちょっと泣いた」「本当に似てるw」などの歓声があがっていました。


関連記事:千鳥・大悟、志村けんさんがバカ殿で愛用したドーラン「僕ん家にあります」

■あの頃のハプニング

かつて千鳥がコントで共演した際、台本に「志村さんがノブさんに色々します」とだけ書かれており、「スイカ納豆牛乳」を食べさせられた話のほか、豪華ゲストを呼んで思い出やハプニングを語った本番組。

『志村けんのバカ殿様』はブレイク前の芸人やタレントが多数出演していたことも明かされます。

終盤は過去の映像を鑑賞しながら大悟さん、アンタッチャブルの柴田英嗣が志村さんについて語る場面にはどこか温かい空気が流れていました。

続きを読む ■泣きそうな表情に…

おすすめ記事