マヂカルラブリー、科学的に分析されドヤ顔 「ついに気づいてもらえましたよ」

“視覚的”への徹底的なこだわりが「面白い」と評価

マヂカルラブリー

28日放送の『とくダネ!』 (フジテレビ系)に、お笑いコンビ・マヂカルラブリーが登場。

2人のネタの面白さについて専門家が独自に分析。野田クリスタルさんは、意外な分析結果に「ついに気づいてもらえましたよ」と得意満面で心情を述べました。


■アンバランスさと凸凹さ

20日に放送された『M-1グランプリ 2020』(ABCテレビ・テレビ朝日系)で見事優勝したマヂカルラブリー。番組ではその面白さを“新漫才”と表現し、科学的に分析していきます。

亜細亜大学の印象行動学者・重太みゆき教授によると、マヂカルラブリーの村上さんはピシッとした衣装を身につけ、髪は乱れもなく動かない「静」だと表現。これらが安定感を感じさせていると明かします。

一方、野田さんの髪型はボサボサだけれど、全体的な身なりはエリートビジネスマンのよう。そのアンバランスさと2人の凸凹さが目を引き、視聴者に興味を抱かせる結果となったそうです。


関連記事:ナイツ塙、マヂラブ漫才か論争に持論 「定義なんかない」

■直感的に「面白い」と思えるワケ

ともすれば、野田さんの所狭しと動き回る激しさは、笑うタイミングが分からなくなりがち。しかし、要所要所に村上さんの解説や代弁のようなツッコミが入るため「笑いやすい」のだそう。

また、同志社大学文化情報学部・阪田真己子教授によると、野田さんのボケは視覚的なため、解説がなくても直感的に「面白い」と思えるのだとか。

聴覚情報より視覚情報にこだわった点が、マヂカルラブリーの「これまで誰もやってこなかった新しいところ」だと勝因を解説し「新しい笑いの形を生み出した」と結論づけました。

続きを読む ■ドヤ顔で返答する野田さん

おすすめ記事