フワちゃん、オードリー春日から学んだこと 「良い意味での損得勘定って大事」

フワちゃんがオードリー・春日俊彰さんからの教えを告白。

フワちゃん

26日に放送された『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)で、YouTuber芸人のフワちゃんがお笑いコンビ・オードリーの春日俊彰さんから学んだことを語りました。


■最もやりやすいのは…

番組では、芸能界1年目のフワちゃんが”芸能界で生き残るために有名なMC陣”を分析。

フワちゃんによると、最もやりやすいのはくりぃむしちゅー・上田晋也さんだそうで、「こっちが『こういう風にしたいな』って持ってったプレゼンを広げてくれる感じ」と語ります。

一方で、フットボールアワー・後藤輝基さんは「もっと来いやの感じがすごい」のだとか。さらに、明石家さんまさんは攻略するのが難しく、用意していた答えが全くハマらなかったとのこと。しかし、こちらが本音で近付けば心を開いてくれる人物だったと明かしました。


関連記事:オードリー若林、フワちゃんのタメ口が許される理由を分析

■「良い意味での損得勘定を…」

元フィギュアスケート選手でタレントの村上佳菜子さんの「モチベーションはどうやって保ってるんですか?」の疑問にフワちゃんは、ある番組で春日さんが”筋肉を鍛える器具を体験するコーナー”でのやりとりを語りました。

この時、3回ほどでやめてしまったフワちゃんは、20回ほど繰り返していた春日さんに「何でそんなにいっぱいやるんですか?」と聞いたところ、春日さんは「こんな機会ないから元取りたいんだよねぇ」と発言したそう。

春日さんの言動に「良い意味での損得勘定を心に抱えるって大事なんだなって感じた」と話しました。

続きを読む ■春日さんらしい…?
  • 1
  • 2

おすすめ記事