加藤浩次、コウメ太夫のシュール芸に絶句 「俺は全然勉強が足りない」

シュールすぎてダリか『ツイン・ピークス』のよう

加藤浩次

25日放送の『スッキリ』 (日本テレビ系)に、お笑いタレントのコウメ太夫さんがVTRで登場。MCを務めるお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次さんが「今年一番衝撃が走った瞬間」として、コウメ太夫さんの披露するネタについて言及しました。

加藤さんの様子とコウメ太夫さんのシュールさに、視聴者から驚きの反応が相次いでいます。


■概念のデカさに驚嘆

番組では、コウメ太夫さんが今年3月に出演した際のVTRが流れます。ネタは「スプーンかと思ったらりんごでした」というもの。そのとき、加藤さんはうなだれて「自分の概念の狭さにすごいショックを受けている。コウメ先生の概念のデカさに僕はびっくりした。50年生きてきてこんなビックリしたことない」と驚嘆。

続けてコウメ太夫さんを「サルバドール・ダリの絵画だね。映画監督のデヴィッド・リンチ先生に並んでいらっしゃる」と表現しました。

また、別の日の放送にはコウメ太夫さんに「憧れている」と明かし、再び、デヴィッド・リンチ監督のミステリードラマになぞらえて「『ツイン・ピークス』の世界ですよ完全に」と神妙な表情で評したこともありました。


関連記事:日向琴子のラブホテル現代紀行(42) 神戸『ルネッサ』

■「嘘…」と絶句したあと

そんな加藤さんのもとに、本日コウメ太夫さんからのVTRが届きました。ネタははまたもやシュールなもので「宇宙は常に膨張し続けると思ったら、京野菜でした。チックショー!」という内容。

このネタについては「宇宙ってどこに突き当たりがあるのか、ずっと奥に行ったらどこに行っちゃうんだろう。考えると分かんなくなって、ちょっと京野菜でも食いたいなって」と本人が説明しますが、スタジオでは失笑もなく凍りつく結果に。

加藤さんは「嘘…」と絶句してしまったあと「近代絵画の世界だね。俺は全然勉強が足りない。すみません!」と、コウメ太夫さんのシュール芸にすっかり降参してしまった様子。

さらに「新しいものに触れるとき、人は『怖い』ってなっちゃう」と絶句してしまう人間心理を深く分析していました。

続きを読む ■「笑った」「コウメ太夫どうした」

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

おすすめ記事