フット岩尾、マヂカルラブリーの漫才に言及 「声を全部拾えてない」

『M-1』は漫才なのでピンマイクがなかった…!?

フットボールアワー・岩尾望

24日放送の『バイキングMORE』 (フジテレビ系)に、お笑いコンビ・フットボールアワーの岩尾望さんが出演。

『M-1グランプリ』(ABCテレビ・テレビ朝日系)で優勝したお笑いコンビ・マヂカルラブリーの“漫才”について言及し、新たな視点からの分析に視聴者から驚きの反応が相次いでいます。


■スタンドマイク中心なのが“漫才”

今回は「マヂカルラブリーの漫才論争について」がテーマ。彼らのネタが“漫才か否か”論争について、出演者が持論を述べていきました。

コメンテーターでお笑いタレント・松島尚美さんは「コントと思う」とひとこと。続けて「(漫才は)スタンドマイクを中心にやらないと。ピンマイクを主で使うのはやっぱり…。その場でちょっとしたキャラクターになることはあっても、(大きくキャラクターを演じるのは)違うんじゃないかな。面白かったけども」とコメント。

それに対し、MCを務める俳優の坂上忍さんは「僕が思っている漫才とは形態が違うな、という印象はある」と持論を述べました。


関連記事:M-1優勝・マヂカルラブリー、上沼恵美子と感動の和解 「ごめんね、3年前」

■テレビの前との温度差が…

そして、岩尾さんは「僕らも漫才を20年以上やっている。漫才のつもりでやっていますけど、誰かに『それ漫才ちゃうで』と言われたら『それがどうしたの、別にええやん』と思います」と一蹴。

この論争も漫才師やM-1出場者が『漫才じゃないから優勝を認めない』と誰も言っていない。自分の思う漫才で優勝すればいいだけ」と語りました。

続きを読む ■ピンマイクがないので声が拾えていない
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事