心身の不調、見逃してない? 自分からのSOSに気づくコツ

自分自身の疲れをしっかり自覚する方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

悩む女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

自分では「まだがんばれる!」と思っていても、いつの間にか心身の疲れが蓄積されているかもしれません。不調のサインに気づくことは、健康な心身を保つために必要不可欠です。

自分からのSOSに気づくコツを、fumumu取材班が聞いてきました。


①睡眠の質

「疲れているときは、まず睡眠に影響が出ます。なにか悩みごとがあるときは、寝つきがどうしても悪くなるし。疲れがたまっているときは、朝起きるのがつらくなるし。


健康状態をチェックするのに、睡眠の質を確認するのはおすすめですよ。自覚症状だけだと頼りないので、私はアプリで睡眠管理をしています。


就寝や起床時間のデータがたまっていくので、『今週は睡眠時間が足りていないなぁ』と数値でわかるんです。眠れていない状態が長く続くと、どんどん体に不調が出てきてしまうと思います」(20代・女性)


関連記事:「なんだか疲れてきたな…」 気持ちが落ち込んだとき、どう回復してる?

②食事がおいしくない

「疲れがたまっていたときは、食事をおいしいと思えなくなりました。食べることが好きだったのに、生きるために栄養を詰め込んでいるように感じて…。


仕事で残業続きで、食べる時間があるなら眠りたかったんですよね。だんだん空腹も感じなくなって、これはやばいと思って。


何日間か有休をもらって、心身を休めることに専念しました。あれ以上働いていたら、いつか倒れていたと思います」(20代・女性)

続きを読む ③やる気が出ない
  • 1
  • 2

おすすめ記事