空気を読みすぎる自分をやめたい! 気疲れを防ぐ3つのアイデア

空気を読みすぎて、ぐったり気疲れ。どうすれば、気楽に過ごすことができるのでしょうか?

(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

周りの顔色を伺って、いつもぐったり疲れていませんか? 空気を敏感に察知する自分を休ませてあげるには、どうすればいいのでしょうか。

気疲れを防ぐアイデアを、fumumu取材班が聞いてきました。


①結局は想像

「私は『自分は空気を読める人間だ』と思うのをやめたら、気持ちがすごく楽になりました。それまでは、空気を読んで周りを気遣ったり、それとなくフォローするようにしていたんです。周りの感情が伝わってきて、ぐったりしてしまうこともありました。


ただ、よくよく考えたら、結局は私の想像なんですよね。『相手はこう思っているだろう』と私が考えていても、相手に確認したわけではないですもん。勝手に気持ちを決めつけて、気遣っていたこともあったのかなって。


想像の範囲内を出ないなら、もうわからないままでいいや! と思ったんです。相手の言葉の裏を読まずに、そのまま受け取るようにしたら、気疲れすることも少なくなりました」(20代・女性)


関連記事:「他人の感情に振り回されたくない…」 自分の意識を持って過ごす3つのコツ

②評価を求めない

「空気を読むことで疲れる人は、周りを気遣うことで、自分を評価してほしいと思っているんじゃないでしょうか。私も、『こんなに周りに気を使っているんだから、ちょっとは褒めてほしい…』と思ったことがあります。


評価を求めたうえでの気遣いだから、周りに認めてもらえないと、『こんなにがんばってるのに!』とイライラしてしまうんですよね。本当に自分がやりたいと思って周りにやさしくしているなら、見返りがなくても気にならないはずだし。


見返りを期待して、結果的になにもなくてガッカリするなら、自分に余裕があるときだけ周りにやさしくすればいいと思いますよ」(20代・女性)

続きを読む ③第三者ポジション
  • 1
  • 2

おすすめ記事