「仮面夫婦」夫は妻をどう思う? 既婚男性が語る3つの未来予想図

あなたの夫も、仮面を付けているのかもしれません…。

仮面夫婦
(imtmphoto/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

相手への愛情はなくなっているのに、婚姻関係を続けている仮面夫婦。「子供がいるから」とか「お金のために」など、女性側の愚痴をよく耳にします。

一方で、「我慢しているのは女性側だけではない」と男性側の意見も。fumumu取材班が、仮面夫婦の自覚がある20~30代の男性に夫婦生活の本音を聞いてみました。

 

①愛してもらえないのに愛せるわけがない

妻から愛されていないことは、表情や態度を見ていれば分かります。そんな妻を見ているうちに、いつの間にか、自分もすっかり冷めてしまいました。(30代・男性)

 

愛し合った末に結婚したふたりです。いくら男性は鈍感だと言われていても、妻が仮面を付けていることに、気が付かない夫はいないでしょう。

 

②離婚しないのは世間体

離婚すれば、「何か問題があったのでは?」と勘繰られるのは、男性側です。会社での評価を考えると、離婚したくても安易にできないのが本音です。(30代・男性)

 

「男は結婚して一人前」のような風潮が残っている会社は、まだまだ多いようです。

親からの反対を押し切って結婚してしまったので、今更、離婚したいと言えません。離婚できるとしたら、親が亡くなってからでしょうか。(20代・男性)

 

親の負担を考えて、自分が我慢してしまう男性もいる様子。また、「やっぱり…」と思われるのも、プライドが傷つくとの意見もありました。

 

③子供が成人したら離婚したい

離婚の目安として、子供の成人を一つのタイミングとして考えています。もし大学に通っている場合は、卒業してからになるかもしれませんが。(30代・男性)

 

離婚する意志は決まっていて、あとはタイミングを計るだけの人も…。

厚生労働省の「人口動態統計」によれば、1日でおよそ600組が離婚しているデータもあり、意外に身近な問題です。

「本当は離婚したくない」「離婚されたら自分が困る」と思っているのであれば、今すぐ、夫婦でちゃんと話し合った方が良さそうですね。

・合わせて読みたい→不快感しかない…結婚を隠していた男子の信じられない最悪な言動

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!