ローランド、アパレルデザイン騒動で謝罪 模倣を認め「契約を解除」

ローランドがアパレルデザインのパクリ騒動についてコメント

ROLAND

タレント・実業家のローランドさんが20日、自身のツイッターを更新。自身と歌手のGACKTさん、門りょうさんによる女性を一流にするためのプロジェクト「G&R」の契約を解除したと発表しました。

ドレス通販サイト・Dazzy Storeでも同様の報告が行われています。


■「深く反省」

商品が「他社商品の模倣ではないか」と指摘されていた本プロジェクトについて、ローランドさんは「この度G&Rとの契約を解除した事を発表致します。不快な思いをさせてしまった全ての皆様に謝罪させて頂きます」とコメント。

続いて「仕事を引き受け問題の商品をPRをした以上多大なる責任があると感じており深く反省しております」とつづり、「応援して頂いている方々、なにより購入された方々この度は大変申し訳ございませんでした」と謝罪しました。


関連記事:ローランド似の人気ツイッタラーの「俺」 デビューシングルは6分間息継ぎなし

■公式の見解

また、Dazzy Store公式HPにも【G&R商品 販売中止及び商品回収のお知らせ】が掲載されました。

G&R商品が他のブランドや商品の模倣ではないかと指摘があったこと、社内調査委員会を編成し、外部の専門家の指導を得ながら調査を実施した結果、上記の内容が事実であったこと、そしてドレスを担当するデザイナーのひとりがデザイン考案に行き詰まり、既存商品とほぼ同一と思われるデザインを提案してしまったという経緯がつづられています。

指摘のあった商品は直ちに販売を中止、購入者には回収の上、全額返金されるとのことです。

続きを読む ■パクリ元は中国サイトやイギリスのブランドまで

→5月28日9時から【Amazonタイムセール祭り】食料品10%ポイント還元キャンペーン同時開催

おすすめ記事