SnowMan、思い出に残っている香水の香りを明かす 「亀梨くんとか…」

SnowManが思い出に残っている香水の香りを告白しました。

ジャニーズ事務所

19日に放送された『第8回明石家紅白!』(NHK)で、SnowManが思い出に残っている香水の香りについて明かしました。


■きっかけはバイト先のオーナー

番組では、瑛人さんの楽曲「香水」の誕生秘話について聞くことに。

瑛人さんによると、「香水」に出てくる「ドルチェ&ガッバーナ」という歌詞は、瑛人さんがハンバーガー屋さんでアルバイトをしている時、お店のオーナーがイタリアのお土産の香水「ドルガバ」を付けていて、自分も付けたことが始まりだったそう。


関連記事:キンプリ永瀬廉、メンバーの”香り”を解説 「めっちゃ丁寧に5年ぐらい着た服」

■思い出の香水は…

また、明石家さんまさんがSnowManに「あるやろ?思い出の香水とか」と聞くと、SnowMan・岩本照さんは「先輩がこの香水の匂いを付けてて、「あ、この匂いがするってことは誰々くんいるかも」っていう時はあります」と話し、同グループのラウールさんからは「亀梨くんとか…」と、KAT-TUN・亀梨和也さんの名前が出ました。

一方で、さんまさんも「俺も木村なんかたまに着いて行きたくなる時ありますよ」と、木村拓哉さんの名前を挙げました。

続きを読む ■「どんな匂いなの」

おすすめ記事