電子書籍で支えられている漫画家ら 「一人暮らししたときの家賃分くらいの…」

電子書籍で支えられている漫画家もいるようです。

■「新たな出会いの場」

ファンたちからは、「それだけ素晴らしい作品だってことですよ。今はデジタル文庫やフリマアプリのおかげで流通量も飛躍的に上がっていますからね」と、電子書籍による市場の拡大を指摘する声や、「読み手としては当時見逃した作品が廉価で手に取りやすい、スペースを気にせず持ち運びも容易と、新たな出会いの場になっていると思うのです」「連載当時読めなかった年齢の方達が購入されてるんでしょうね」と売れている理由を推察する声が寄せられました。

紙媒体では買いにくいと感じる人がいたり年齢制限ですぐに買えないことがある成人向け作品や、本当は購入したい人がいる絶版などを中心に、電子書籍という形で漫画家を支えているケースが多そうですね。

★奥浩哉さんのツイッターはコチラ
★岡本倫さんのツイッターはコチラ! 

・合わせて読みたい→鬼龍院翔、ネット記事に大興奮! そして漫画を購入 予想外の展開にファン爆笑

(文/fumumu編集部・Amy

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事