『ネット流行語100』各受賞ワードが発表! ノミネート流行語に首かしげる声も

『ネット流行語100』受賞ワードが発表。ここでも「鬼滅」フェーバーが止まらない!

スマホを見る女性
(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

15日、『ネット流行語100』受賞ワードが発表され、ツイッターではトレンド入りする賑わいを見せました。

一方、ノミネートされた言葉にピンとこないという声も…?


■過去には「鬼滅」も!

『ネット流行語100』は、ユーザーが編集するオンライン辞書「ニコニコ大百科」と「ピクシブ百科事典」という、ネットのあらゆる新語・流行語を網羅する2サービスが主催し、今年ネットで最も流行った単語を表彰する企画です。

両サービスの各単語ベージにおけるアクセス数の合算値が、昨年から今年にかけてより伸びた上位100単語がノミネートされ、更にその中から最も差分が大きかった単語は年間大賞として表彰されるそう。

2018年から開催されており、去年はバーチャルYouTuberの活躍に関連する「にじさんじ」が年間大賞に輝き、2020年現在も大ヒットを記録している「鬼滅の刃」も入賞!


関連記事:フワちゃん続々受賞 「流行していない言葉」3位にランクインも

■勢いが増すばかり

注目の今年の年間大賞は「鬼舞辻無惨」! 前年度の「鬼滅の刃」に引き続き登場キャラクターが堂々ランクイン。

また、ニコニコ賞にはソーシャルゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』のキャラクター「辻野あかり」をイメージして作られた楽曲「たべるんごのうた」がランクインし、pixiv賞には「ツイステ」の略称で馴染みあるスマートフォンゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド』の『ツイステッドワンダーランド』が選出されました。

ここでも鬼滅フィーバーは留まることなく、トップ20の内3位には「煉󠄁獄杏寿郎」4位の「鬼の王」など関連ワードが多数登場しました。

続きを読む ■「半分くらい分からなかった…」

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

おすすめ記事