霜降りせいや、目撃されていた孤独の「ひどい」前兆とは

せいやの2か月の間にひどくなったモノとは…?

霜降り明星・せいや

13日放送の『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』 (テレビ朝日系)に、お笑いコンビ・霜降り明星が出演。

視聴者をざわつかせた、せいやさんの“孤独”に前兆があったことが明らかになりました。目撃されていた行動に視聴者からコメントが相次いでいます。


■目撃された「孤独の前兆」とは

先月、番組内で「毎日いろいろな現場に行って、タクシーに乗って、家に帰っての繰り返し。何も残ってない」と、孤独を告白したせいやさん。実は約2か月ほど前から、その前兆を目撃されていたそうです。

VTRで登場した『霜降り明星のオールナイトニッポン0』の構成作家・畠山さんによると「ここ1~2か月ファッションがひどい」とのこと。映画『アベンジャーズ』が好きなせいやさんは、そのロゴ入りTシャツを愛用していることが多いそう。しかし、秋口になって服装が乱れてきたことを明かしました。
今までとは打って変わり、何のロゴも入っていない、まっさらな無地の「めちゃくちゃ薄い。湯葉みたい」なシャツを着るようになったことを語りました。


関連記事:千鳥・大悟、番組テロップに憤り 「マジでやめてくれ!」

■「笑えるように切ってくれないと」と不満を

続けて畠山さんは「乳首が見えるほど、薄いシャツを着るようになってから、心のゆとりがなくなってきたのかもしれない」と、せいやさんの心の闇を証言。

そこで、せいやさんは「確かに前の放送で(孤独を)言ったけど、半分お笑いで言ってるだけで、ちょっと行き過ぎた」と反省します。

しかし「笑いにくいからここ使わないだろうな」と思っていたのに、放送を見たら「疑似生(放送)かってくらい全部使われていた」と、余すところなく使用されていたことを暴露。「使いすぎ。もうちょっと笑えるように切ってくれないと」と不満をあらわにしました。

続きを読む ■せいやのファッションセンスは?

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

おすすめ記事