白砂糖を使わずに作る「梅シロップ」で暑い夏を乗り切る

梅は、食欲を増進させてくれるので、夏バテ予防にも効果的です。 

梅シロップ
(undefined undefined/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

マクロビオティックでは、「百害あって一利なし」と考えられている白砂糖。

消化の過程でカルシウムやビタミンB1・B2などを消費してしまい、新陳代謝を悪くしてしまうので控えた方が良いと言われているため、避けている人も多いでしょう。

そんな女性の間で甜菜(てんさい)糖で作るシロップが人気になっています。甜菜と呼ばれる砂糖大根から作られている甜菜糖は、白砂糖の代わりとして使うことができます。

今が旬の梅を使って、シロップを作ってみませんか?

 

■甜菜糖梅シロップの作り方

・材料
青梅:1kg
甜菜糖の氷砂糖:1~1.1kg(Amazonや楽天などでも手に入ります。量が多いほど、仕上がりの味が甘くなります)

・準備するもの
保存瓶(3L以上):1個
竹串:1本

 

①保存瓶の中に熱湯を適量入れ、全体に行き渡るように回し、保存瓶の口を下に向け、風通しの良い場所で自然乾燥させます。

※熱湯消毒は火傷の危険があるので、注意が必要です。心配な場合は、市販のキッチン用アルコール除菌スプレーを代用しても大丈夫です。

 

②青梅に傷が付かないように、水で優しく手洗いします。

 

③竹串を使って、青梅のヘタを取り除きます。ヘタを綺麗に取ることで、梅シロップにエグ味がなくなります。

 

④梅の水気を拭き取り、冷凍庫に入れて一晩程度凍らます。冷凍することで梅の繊維が壊れ、エキスが出やすくなります。

 

⑤凍らせた梅と氷砂糖を保存瓶に、ミルフィーユ状に重ねて入れていきます。

 

⑥冷暗所で保存し、ときどき瓶を揺すります。1週間から10日で完成です。青梅は入れっぱなしにしておくと腐ってしまいますので、完成後はシロップから実を取り出して保存してください。

 

■梅シロップを使ったおいしいレシピ

・梅シロップの炭酸割り…梅シロップを炭酸水で割ります。好みでアップルビネガーをプラスすると、飲み口がサッパリします。

 

・かき氷シロップ:かき氷の上に梅シロップをかけるだけです。暑い夏のおやつにおすすめです。

 

生活の中から、白砂糖を100%除去することは難しいでしょう。

しかし、普段の生活の中で少し意識を変えるだけでも、体が変わることを実感することができますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね。

・合わせて読みたい→見た目超カワな「かき氷」吉祥寺『氷屋ぴぃす』に行ってみた

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!