杉浦太陽『ウルトラマンコスモス』の撮影秘話語る 朝一番に怪獣の名前を…

杉浦太陽さんが『ウルトラマンコスモス』の撮影秘話を告白!

杉浦太陽

9日に放送された『あいつ今何してる?』(テレビ朝日系)で、俳優の杉浦太陽さんが自身の出演作『ウルトラマンコスモス』の撮影秘話を語り、視聴者の注目を集めています。


■再会したいのは初主演作の助監督!

20歳の時に『ウルトラマンコスモス』で初主演を務め、この作品がブレイクのきっかけとなった杉浦さんは、当時助監督として約1年半にわたり撮影に関わった男性と再会したいそう。

当時について、杉浦さんは「主演なんかやったことないからポンコツだったんですよ」と振り返り、再会したいと願う助監督の男性については「毎日監督とかに怒られても、裏でサポートしてくれた」と語りました。


関連記事:紺野あさ美、結婚4年目で前撮りを公開 「もういいかな…」

■朝一番に怪獣の名前を…

当時、この男性は杉浦さんに付きっきりで、杉浦さんのメンタル的にも支えになった人物だそう。

また、男性は杉浦さんの特訓にも付き合ったとのこと。その特訓とは、杉浦さんが一番早く現場に行き、怪獣の名前をひたすら言うというものです。

さらに、この話をする杉浦さんを見た男性は当時の出来事を思い出して「懐かしい!」「あと走る特訓とかね…『ウルトラマン』の主人公って走る要求が多いから、セリフも言えない、走るのもかっこ悪いじゃどうにもならないから『まず走ろう!』って…」と、若き日の杉浦さんとの特訓メニューを明かしました。

続きを読む ■撮影秘話にファン感動

→【Amazonタイムセール祭り開催中】食品10%ポイント還元キャンペーン同時開催 5月30日23時59分まで

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事