白濱亜嵐、難病と向き合う「僕の体は全部彼女を守るためにあった」

10万分の1

11月27日の公開から1週間で、全国映画動員ランキング(興行通信社)の第4位に躍り出た『10万分の1』。 女優の平祐奈さんが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病に侵された女子高生を演じ、EXILE/GENERATIONSの白濱亜嵐さんが、彼女を見守る恋人役を務めています。 劇中お2人はこの難病と、どのように向き合っているのでしょうか?  

続きを読む

おすすめ記事