好きな気持ちが愛に変わるカップル、変わらないカップルの違い

好きな気持ちが愛になるカップルの特徴とは?

夕日デート
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「好き」から「愛」へのステップアップは、いずれ家族になる上で重要だと言われていますが、愛に発展せずに終わってしまうことも。

fumumu取材班は、愛に発展するカップルとの違いを聞いてみました。


①思いやる気持ちの対象

自分よりも、相手のことを思いやる気持ちがお互いに生まれたとき、好きが愛に変わるカップルとなれるのではないでしょうか。

「今までは自分を幸せにしてくれるかどうかの基準で彼氏を作っていましたが、今の彼に対しては、彼が幸せかどうかが気になって仕方ありません。自分ことよりも相手の幸せを願う…『それが愛なのかな』と思いました。


彼は彼で自分のことより、わたしの幸せを考えてくれているのが伝わってきます。お互い相手のことを思いやることによって愛に変わることができたのでしょう」(30代・女性)


関連記事:言わなくても理解してほしい…男子が愛を語らない3つの理由

②不快にならない議論を重ねる

自分の家族に抱くような深い思いを作るには、それだけの対話が必要かも。

「好きな気持ちが愛に変わるかどうかは、お互いに深く対話する気があるかどうかが重要。愛に変わるということは家族になるようなものなので、自分の家族に抱いているような深い感情が必要です。


もちろん価値観の相違があるのは当然。どちらかが傷ついたり納得がいかなかったりすることがあるのなら、”どうすればお互い不快にならないか”を議論し、考えをすり合わせていくのが大事です。


私も彼も付き合っていくうち家族のように大切に思い合うようになって、結婚することになりました」(30代・女性)

続きを読む ③お互いを尊敬している

→Amazonタイムセール祭り 2/2(木)9時スタート 目玉商品を事前公開!

おすすめ記事