カジサック、テレビ番組の構想明かすも疑問殺到 「時代に逆行してる」

テレビでプロポーズ番組をしたいと語るカジサック。しかしファンからは異論反論。

カジサック

人気お笑いコンビ・キングコングがYouTubeチャンネル『毎週キングコング』に22日、新たな動画をアップ。

梶原雄太(カジサック)さんが相方・西野亮廣さんに対し、テレビ番組の構想を打ち明ける場面が。しかし、視聴者からはそのアイデアを疑問視するコメントが相次いでいます。


■プロポーズ番組をテレビでしたい梶原さん

以前からテレビ業界の復活について、熱く語っていた梶原さん。この日も西野さんに対し、テレビがもう一度日の目を見ることはできるか…という話から、プロポーズ番組をテレビでしたいという構想について話していきます。

梶原さんと言えば、カジサックチャンネルのスタッフである作家の山口トンボさんが、動画内でプロポーズしたことが話題に。その後は入籍したことも明かしていましたが、その影響で「プロポーズってむっちゃええな…」と思うに至ったようです。


関連記事:カジサック、YouTubeを始めた先輩芸人から拡散依頼 「ごっつ腹立って」

■ネトフリではなくテレビで

「普通に言ったらAmazon(PrimeVideo)かNetflixがいいのはわかってる。わかってんねんけど、盛り上がってないところで勝負したいってのがある」と話す梶原さん。一般の人のプロポーズを、出演者で応援する…という、ある意味昔ながらのスタイルの番組ようです。感覚的に言えば『学校へ行こう!』(TBS系)の人気コーナー「未成年の主張」の告白的な感じでしょうか。

梶原さんのなかでは勝算があるようで、「これはいけるんじゃないかな」と思っているそう。そんな姿勢に対し、西野さんは「それちょっと見たいな。梶原さんがやるのをね」と言いつつ、深いテレビ愛に感嘆したようでした。

続きを読む ■異論反論が殺到

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

おすすめ記事